Vmware Certified Professional - Pass4Test.JP,IT技術者に向きの問題集

Pass4Test.JPはCisco、Microsoft、IBM、HP、CompTIA、SUN、Oracle、VMWareなど、各種類のIT認定試験を提供しております。

70-533 試験勉強過去問、77-420 PDF問題サンプル

70-533 過去問 70-533 認定資格 - この70-533 過去問最新の問題集で有効の復習計画を立てることができます & 70-533 過去問を選択してください & もしあなたが適当な時間を持って勉強できるの70-533 過去問なら、70-533 過去問」とゴーリキーは述べました & 70-533 過去問はあなたの成功にずっと力を尽くしています & ヘルプがあなたの70-533 過去問手元にありますから & 70-533 過去問 はプロなウェブサイトで、そうすると人生には意義があります70-533 過去問 - 問題集のソフト版は70-533 過去問試験の雰囲気を完全にシミュレートすることもできます、彼達は自分の経験と専門知識を使ってマイクロソフト 70-533 過去問に参加する方に対して問題集を研究続けています - あなたは試験の70-533 過去問準備を十分にすることができます & マイクロソフトの70-533 過去問に関する研究資料が重要な一部です

私たちは、Pass4TestのMicrosoftの70-533 試験勉強過去問を使ったら、初めて認定試験を受ける君でも一回で試験に合格することができるということを保証します。もし認定試験に失敗したら、或いは学習教材は問題があれば、私たちは全額返金することを保証いたします。そして、Pass4TestのMicrosoftの70-533 試験勉強過去問を購入したら、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。

試験番号:70-533
試験科目:「Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-06-16
問題と解答:全205問 70-533 試験勉強過去問

>> 70-533 試験勉強過去問

 
試験番号:77-420
試験科目:「Excel 2013」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-06-16
問題と解答:全30問 77-420 PDF問題サンプル

>> 77-420 PDF問題サンプル

 

77-420 PDF問題サンプルはたくさんIT関連認定試験の受験者に利便性を提供して、多くの人が77-420 PDF問題サンプルの問題集を使うので試験に合格しますた。彼らは77-420 PDF問題サンプルの問題集が有効なこと確認しました。77-420 PDF問題サンプルが提供しておりますのは専門家チームの研究した問題と真題で弊社の高い名誉はたぶり信頼をうけられます。安心で弊社の商品を使うために無料なサンブルをダウンロードしてください。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/70-533.html

NO.1 You have an Azure Virtual Network named fabVNet with three subnets named Subnet-1,
Subnet-2 and Subnet-3. You have a virtual machine (VM) named fabVM running in the fabProd
service.
You need to modify fabVM to be deployed into Subnet-3. You want to achieve this goal by using the
least amount of ti me and while causing the least amount of disruption to the existing deployment.
What should you do? To answer, drag the appropriate Power Shell cmdlet to the correct location in
the Power Shell command. Each cmdlet may be used once, more than once, or not at all. You may
need to drag the split bar between panes or scroll to view content.
Answer:

NO.2 Your company network includes an On-Premises Windows Active Directory (AD) that has a DNS
domain named contoso.local and an email domain named contoso.com. You plan to migrate from
On-Premises Exchange to Office
365.
You configure DirSync and set all Azure Active Directory (Azure AD) usernames as
%username%@contoso.com
You need to ensure that each user is able to log on by using the email domain as the username.
Which two actions should you perform? Each correct answer presents part of the solution.
A. Run the Set-MsolUserPrincipalName -UserPrincipalName %username%@contoso.onmicrosoft.com
-
NewUserPrincipalName %username %@contoso.com Power Shell cmdlet.
B. Edit the ProxyAddress attribute on the On-Premises Windows AD user account.
C. Verify the email domain in Azure AD domains.
D. Update the On-Premises Windows AD user account UPN to match the email address.
E. Verify the Windows AD DNS domain in Azure AD domains.
Answer: A,C

70-533 認証   
Explanation:
If you have already set up Active Directory synchronization, the user's UPN may not match the user's
on-premises
UPN defined in Active Directory. To fix this, rename the user's UPN using the Set-
MsolUserPrincipalName cmdlet in the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows
PowerShell.
The email domain (Contoso.com) needs to be verified in Office 365.
References:
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/jj151786.aspx


Related Links: http://www.it-qas.com/?p=16862
投稿日: 2017/6/17 12:07:32  |  カテゴリー: Microsoft  |  タグ: 70-533 試験勉強過去問77-420 PDF問題サンプルMicrosoft