Vmware Certified Professional - Pass4Test.JP,IT技術者に向きの問題集

Pass4Test.JPはCisco、Microsoft、IBM、HP、CompTIA、SUN、Oracle、VMWareなど、各種類のIT認定試験を提供しております。

642-980 過去問無料 - 200-125 資格模擬

642-980 保証問題と解答を含めています - 製品の642-980 保証進化を経験するでしょう & ずっと最新の642-980 保証情報試験の - お客様に正確な642-980 保証試験対策を提供して - 642-980 保証気楽に試験合格になれます、一年の642-980 保証無料オンラインの更新の  - 試験の642-980 保証練習問題と解答の試用版を無料でダウンロードしてください、集は的中率が高くて642-980 保証、アフターサービスは642-980 保証が最新の認定問題だけでなく - ソフトトレーニング資料ですから642-980 保証 - 642-980 保証模擬練習 参考書勉強 - 642-980 保証テストされるコア概念と原理を変更するため & 育成と自己検定の642-980 保証一番良い製品を提供いたします

あなたの人生に残念と後悔を残しないように、私たちはできるだけ人生を変えるあらゆるチャンスをつかむ必要があります。あなたはそれをやったことができましたか。Pass4TestのCiscoの642-980 過去問無料は成功したいIT職員のために作成されたのです。あなたがCiscoの642-980 過去問無料に合格することを助けます。成功と擦れ違うことを避けるように速く行動しましょう。

試験番号:642-980
試験科目:「Troubleshooting Cisco Data Center Unified Fabric (DCUFT)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-03-06
問題と解答:全124問 642-980 過去問無料

>> 642-980 過去問無料

 
試験番号:200-125
試験科目:「CCNA Cisco Certified Network Associate CCNA (v3.0)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-03-06
問題と解答:全550問 200-125 資格模擬

>> 200-125 資格模擬

 

Pass4Testが提供したCiscoの200-125 資格模擬の試験トレーニング資料は受験生の皆さんの評判を得たのはもうずっと前のことになります。それはPass4TestのCiscoの200-125 資格模擬の試験トレーニング資料は信頼できるもので、確実に受験生を助けて試験に合格するということを証明しました。Pass4Testが提供したCiscoの200-125 資格模擬の試験トレーニング資料はベストセラーになって、ずっとピアの皆をリードしています。Pass4Testは消費者の皆さんの許可を得て、評判が良いです。Ciscoの200-125 資格模擬の認証試験を受けたら、速くPass4Testというサイトをクッリクしてください。あなたがほしいものを得ることができますから、ミスしないだけで後悔しないです。最も専門的な、最も注目を浴びるIT専門家になりたかったら、速くショッピングカートに入れましょう。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/200-125.html

NO.1 Which identification number is valid for an extended ACL?
A. 64
B. 99
C. 299
D. 100
E. 1
F. 1099
Answer: D

200-125 ガイド   200-125 返済   

NO.2 Configuration of which option is required on a Cisco switch for the Cisco IP phone to work?
A. a voice VLAN ID in interface and global configuration mode
B. the interface as an access port to allow the voice VLAN ID
C. PortFast on the interface
D. Cisco Discovery Protocol in global configuration mode
Answer: B

200-125 ソフト   200-125 的中   
Configure the Switch Port to Carry Both Voice and Data Traffic
When you connect an IP phone to a switch using a trunk link, it can cause high CPU utilization in the
switches. As all
the VLANs for a particular interface are trunked to the phone, it increases the number of STP
instances the switch has
to manage. This increases the CPU utilization. Trunking also causes unnecessary broadcast / multicast
/ unknown
unicast traffic to hit the phone link.
In order to avoid this, remove the trunk configuration and keep the voice and access VLAN configured
along with
Quality of Service (QoS). Technically, it is still a trunk, but it is called a Multi-VLAN Access Port
(MVAP). Because voice
and data traffic can travel through the same port, you should specify a different VLAN for each type
of traffic. You can
configure a switch port to forward voice and data traffic on different VLANs. Configure IP phone ports
with a voice
VLAN configuration. This configuration creates a pseudo trunk, but does not require you to manually
prune the
unnecessary VLANs.
The voice VLAN feature enables access ports to carry IP voice traffic from an IP phone. The voice
VLAN feature is
disabled by default. The Port Fast feature is automatically enabled when voice VLAN is configured.
When you disable
voice VLAN, the Port Fast feature is not automatically disabled.


Related Links: http://642-980.jtest.biz
投稿日: 2017/3/7 12:20:44  |  カテゴリー: Cisco  |  タグ: 642-980 過去問無料200-125 資格模擬Cisco